Kumiko Kischkat Hokama CDZ
キシュカート外間 久美子CDZ
http://okinawagakuin.jp/kischkat/
このサイトはCD『南国の花』の情報を掲載しております

CD 南国の花 CD 南国の花 CD 南国の花 CD 南国の花 CD
キシュカート外間久美子のピアノトリオコンサートが2012/07/14(土)
パレットくもじ9階パレット市民劇場で開催されます。




■■キシュカート 外間 久美子 新掲示板■■

標準価格(税抜)\2,500
南国の花/えんどうの花/赤ゆらの花/船 路/首里古城 ほか
歌とピアノで綴る“宮良長包”
ボーナストラック/蘇った幻の名曲「嵐の曲」を収録

歌とピアノで綴る“宮良長包”
ソプラノ:平山 留美子
ピアノ:キシュカート 外間 久美子

楽聖・宮良 長包の名曲を二人の八重山にルーツを持つ音楽家 平山 留美子(ソプラノ)&キシュカート 外間 久美子(ピアノ)が1枚のアルバムに結晶。

今回CDリリースで歌う平山留美子とピアノのキシュカート・外間久美子はドイツで音楽を修め、ルーツ(出自)が沖縄の八重山ということもあり、二人の思念に基づいた表現であることに注目したい。
平山は、崎山濶(長包の弟子として那覇市甲辰尋常小学校の音楽専科教諭で師と共に上京、音楽教育研究会に参加し、薫陶を受けた)の孫であり、祖父曰く「長包先生はこう歌われていた」ということを折にふれ両親や親戚から聞かされて育った声楽家である。…外間は、長包イズム第一人者、外間永律の三女。ドイツの音楽学校で教鞭をとるピアニストである。…孫弟子らに歌い継がれていく長包の心・長包イズムは永遠である。(解説/崎山 用豊より)

作曲:宮良 長包
1 南国の花  作詞:北村 重敬 3’07”
2 えんどうの花  作詞:金城 栄治 編曲:中村 透 3’10”
3 赤ゆらの花  作詞:大浜 信光 4’30”
4 船 路  作詞:宮里 静湖 2’28”
5 ふるさと  作詞:金城 栄治 2’58”
6 山の子守唄  作詞:宮良 高司 4’08”
7 母の声  作詞:宮良 長包 3’27”
8 首里古城  作詞:伊波 南哲 6’32”
 委嘱作品 ピアノソロによる“長包”メロディー
9 山の子守唄 (ピアノソロ)  編曲:瑞慶覧 尚子 4’11”
10泊まり舟 (ピアノソロ)  編曲:瑞慶覧 尚子 3’13”
11えんどうの花 (ピアノソロ)  編曲:瑞慶覧 尚子 2’41”
12嵐の曲(ピアノと朗読)  作詞:瀬名波 長宣 朗読:田名 陽子 9’05”
Manufactured by MUSICALE AOI, Okinawa, Japan

●お申し込みは…キシュカート 外間 久美子 まで
eメール:kumikohokama@gmx.de


CD「歌とピアノで綴る“宮良長包” 南国の花」の発売にあたって

                  キシュカート外間久美子

私は幼い頃から宮良長包の歌を子守唄のように聴いて育った。そして、ピアノが弾けるようになってからは、戦後、亡き父など宮良長包の弟子たちが 精魂込めて出版した黄色地の「宮良長包作曲集・南国の花」を開き、片っ端から弾き歌いするのが、私の日課であった。
我家にも1冊しかない絶版になったこの貴重な「宮良長包作曲集・南国の花」には沢山の思い出が詰められ、父の形見となり、私の宝となった。
そして、いつかコンサートで宮良長包を、それもまずはシンプルな宮良長包 自身がつけた伴奏譜で弾きたいとの思いは募るばかりであった。
そんな時に、やはり同じように宮良長包を聴いて育ったソプラノ歌手の平山留美子 さんにドイツで出会い、二人の思いが一致したのである。コンサートが、CD制作になり、戸惑いはあったが、次々と発想が浮かんできた。
宮良長包は、後輩(CDジャケットの私の原稿には弟子とあるが間違い)の備瀬知範氏と弟子である私の父を臨終に呼び「沖縄の音楽を頼む!」と言って亡くなられた。あれから66年。そして今沖縄には沢山の優秀な音楽家が育っている。その一人、瑞慶覧尚子さんに、父たちに託された宮良長包の願いに応えるつもりで、宮良長包のメロディーを使ったピアノソロのための委嘱作品をお願いした。
幻の曲として長く探し求められてた組曲「嵐の曲」の楽譜を2003年の夏、私はたまたま整理していた父の書類の中から見つけた。とても楽譜が入っているとは思えない封筒を開けて見たときの驚きは未だに忘れられない。センセーショナルに再場した 組曲「嵐の曲」への私の思い入れは大きい。 自分なりの解釈を記録に残しておきたいと思うようになったのである。
沖縄とドイツと遠く離れた2人の演奏家の初めてのCD自主制作は正直言って 大変であった。しかし、発売と同時にものすごい勢いで売れ、半年も待たずに 2千枚があっという間に世に出て行った。特に、宮良長包をじかに聴いた80代 の方々に喜んでいただけたことが、私たちの最高の喜びとなり、今までの苦労を 全部忘れさせてくれた。
ドイツ人にも宮良長包を紹介したいという私の願いも叶えられ、一時は、諦めか けていたドイツ語版解説も完成まじかである。どんな反応があるのか楽しみであ る。


開設日2006/1/10

 このページについて
 沖縄県那覇市沖縄県立那覇高等学校卒業、ドイツ在住のキシュカート外間久美子さんが平山留美子さんと歌とピアノで綴る“宮良長包” としてCD南国の花をリリースしました。
 キシュカート外間久美子は宮良長包先生の直弟子だった故・外間永律氏の三女で、1973年洗足学園大学音楽学部ピアノ科専攻に入学。1979年国立エッセン音楽大学に進み1982 年から現職のドイツのミュルハイム市立音楽学校ピアノ講師を務めております。また、留学中に学生食堂で知り合ったロルフ・キシュカート氏と知り合い結婚して、現在ドイツで暮らしています。
 このページはCD南国の花をリリース期に城岳同窓生・那覇高校25期生の外間久美子さんを沖縄から応援しようと立ち上げたページです。

 関連リンク集
  ドイツ沖縄県人会−ドイツ在住のうちなわんちゅの会
  新ウチナー民間大使 −外間久美子さんも新ウチナー民間大使です
  那覇高等学校 那覇高校 25期 同期会通信
  世界のウチナーンチュ・ネットワーク



CD 南国の花 CD 南国の花 CD 南国の花 CD 南国の花 CD

  キシュカート 外間 久美子 キシュカート 外間 久美子 キシュカート 外間 久美子

■■間貸し人のサイト■■

沖縄学院098−876−0087
近畿大学通信教育部併習校
姫路大学教育学部通信教育課程教育支援校
豊岡短期大学通信教育部こども学科学習サポート校


inserted by FC2 system